髪と頭皮にかかる負担

白髪染めは髪と頭皮に負担がかかるということは、誰でも知っていると思います。

それでもほとんどの人は、それを分かっていながら白髪染めを使っています。

その理由は、白髪をそのままにしておくと、地肌が透けて老けた印象になるからです。

他には、まばらに白髪が生えている事によって、あまり見た目が綺麗とは言えなくなってしまうというエチケット的な感覚もあるのでしょう。

白髪があるだけで、他人の目線が気になったり、憂鬱な気分になります。

すると、そのストレスがまた白髪を増やすという悪循環になってしまいます。

多少髪や頭皮に負担がかかっても、白髪が気になる人は染めてしまった方が精神的に楽になります。

白髪染めの効果は、この精神的要素が大きいと考えられます。

自分の見た目に自信が持てると、気持ちが前向きになり、オシャレを楽しんだり外出を楽しむことができます。

白髪の原因は人により違います。はっきりと白髪の原因が解明された訳ではありませんが、

加齢や遺伝、ストレス、栄養不足など、様々な要因が考えられています。

しかし、遺伝は自分ではどうしようもありませんし、生活習慣を変えることも簡単ではありません。

ただ、髪に良くないとされているものを控えることはできると思います。

一般的に髪に悪い影響を与えるものとして、タバコ、コーヒー、強い香辛料、アルコールが挙げられています。

白髪染めの回数を少しでも減らせるよう、普段の生活を見直してみることも大切です。