髪を傷めないためには?

白髪染めをした後のケア次第で、長く色落ちぜず、髪を傷めないようにできます。

染め終わったらシャンプーする前にまずぬるま湯でしっかり染料を落とします。

それからヘアカラー専用シャンプーを手で良く泡立てて髪と地肌を洗います。

白髪染めを行うことで髪の毛はアルカリ性になりますので、染めてからしばらくの間は

ヘアカラー専用のシャンプー・トリートメント・コンディショナーを使い弱酸性に戻してあげます。

当然、ヘアカラー専用シャンプーを使うと色持ちが良いです。洗い流さないトリートメントが効果的です。

シャンプーが終わったらすぐ乾かし濡れたままにしないこと。

シャンプーのときもタオルで乾かす時も髪同士をこすり合わせると痛んでしまいますので気をつけます。

ドライヤーのあて方・熱に気を付け、乾かし過ぎることなく髪の水分を守ります。

また、染める時に間違って他の部分についてしまった染料はクレンジングクリームやコールドクリーム、

歯磨き粉などでこすってみると取れます。ホントに白髪染めって大変です。

染めることも大変なのに染めた後のケアもあるなんて。

でも、人と会った時、顔を見ますがそれと同時に自然と髪にも目がいきます。その時白いものが目立ってしまったら印象は悪いですね。

やはりいつまでも生き生きと若々しく見られたいですし、髪を整えておくことは身だしなみという感覚もあります。

いつも綺麗な髪色でヘアスタイルも整っている、いつまでもそんな人でいたいですね。